就活

現在大学4年生の方は、去年の12月から会社説明会が始まり、今年の4月から面接選考がスタートしていました。といっても、外資系や経団連非加盟企業には拘束力はありませんので、絶対ではありませんが… 内定率は68.4%で、前年同期比4.1ポイントの増だそうです(10/1現在 厚労省&文科省調査より)。 現在大学3年生の方は、就職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初任給

厚労省発表「平成26年賃金構造基本統計調査」より 平成26年度の初任給は ・大学卒で200.4千円(前年198.0千円 前年比+1.2%) ・高校卒で158.8千円(前年156.0千円 前年比+1.8%) だそうです。 地域別でみると ・東京は大学卒で212.1千円、高校卒で168.0千円 ・沖縄は大学卒で166.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就労条件総合調査

厚労省公表の「平成26年就労条件総合調査結果の概況」より 1日の所定労働時間は、1企業平均7時間43分(前年7時間44分)です。 週所定労働時間は、1企業平均39時間29分(前年39時間25分)です。 産業別にみると、「金融業・保険業」が37時間57分で最も短く、「宿泊業・飲食サービス業」が40時間09分で最も長くなっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人ホーム

一口に「老人ホーム」と言っても、色々です。 「介護老人福祉施設」 ・老人福祉法に規定する特別養護老人ホーム ・長期入所(終身)に対応 ・常に介護が必要な方へ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供 「介護老人保健施設」 ・リハビリなどのために短期的に入所・利用 ・病状が安定していて入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者健康福祉機構

「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、事業主の方に対して、一定の率以上の障害者の雇用を義務づけています。 具体的には、一般の事業で100分の2.0以上(原則)です。 従業員50人の会社で障害者1人以上、100人で2人以上、の雇用が義務づけられていることになります。 「労働者健康福祉機構」という※独立行政法人がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナンバー制度

「マイナンバー(国民一人ひとりが持つ12桁の番号)制度」が動き出しています。 平成26年10月~ コールセンターが開設されました 平成27年10月~ マイナンバーの通知送付が始まります 平成28年1月~ 段階的に使用が始まります 周知用のポスターによると、3つのメリットがあるそうで ①行政の効率化(手続きが正確で早くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民年金の「保険料の免除制度」

国民年金は、強制加入であり、保険料は所得にかかわらず定額です。 そこで「保険料の免除制度」というのがあります。 ・法定免除…障害年金の1級又は2級に該当する人や、生活保護を受けている人は、保険料の納付が免除されます。 ・所得による免除…本人の申請により、保険料の納付が免除されます。所得によって、保険料が「全額免除」「4分の3免…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚生年金の適用拡大

まだ先のことですが、 2016年10月~ 下記すべての条件を満たしている短時間労働者の方も、厚生年金に加入することになります。 ・週の所定労働時間が20時間以上 ・月収が8.8万円以上(年収106万円以上) ・勤務期間が1年以上 ・従業員501 人以上の規模である企業に使用されている ただし学生は除かれます。 労働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パートやアルバイトの方も

パートやアルバイトの方でも、条件を満たせば厚生年金に加入することになります。 1日又は1週間の所定労働時間(個々の事業場で決められている労働時間)及び1ヶ月の所定労働日数(個々の事業場で決められている労働日数)が、通常の労働者のおおむね4分の3以上です。 1日の所定労働時間が8時間の会社であれば ・1日…6時間以上 ・1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過労死等防止対策推進法

H26.11.1に「過労死等防止対策推進法」が施行されます。 過労死については ・業務における過重な負荷による脳血管疾患若しくは心臓疾患を原因とする死亡 ・業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡 ・これらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害 と定義しています。 内容は、 ●政府は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺族厚生年金の失権

遺族厚生年金を妻が受給する場合、その夫によって生計を維持していたことが条件です。 条件はそれだけです。 少し前のことですが、 平成19年の法改正で、30才未満の妻に支給される遺族厚生年金は、5年の有期年金とされました。 ・子供がいない妻の場合…5年が経過すると、遺族厚生年金を受給する権利を失います。 ・30才に到達する前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポジティブ・アクション

「男女雇用機会均等法」では、労働者に対し、性別を理由として差別的取扱いをすることを原則禁止しています。 が、男女労働者間の事実上の格差を解消する目的で行う <女性のみを対象にした取組>や<女性を有利に取り扱う取組>については、法に違反しない旨が明記されています(法8条)。 例えば、女性の管理職が1割の会社で、女性だけを対象に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワハラ対策

再び「労働安全衛生調査」(厚労省発表)です。 職場のパワーハラスメント防止対策に取り組んでいる事業所の割合は56%、取り組んでいない事業所は35%だそうです。 取組内容としては、 ・社内のパワーハラスメント相談、解決の窓口の設置(55.0%) ・労働者への教育研修・情報提供(45.6%) ・管理監督者への教育研修・情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保障改革

増え続ける社会保障費にあてるため、消費税が8%に引き上げられました。 一方で、社会保障に対する様々な改革案が検討されています。 ・年金の加入期間を、40年(20才~60才)から45年(20才~65才)へ変更 ・物価が上昇した場合のみ、年金の給付水準を抑制 ⇒ 物価が下がった場合も抑制 ・後期高齢者医療制度における、低所得者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被用者年金一元化

現在、公務員の方や私学教職員の方は、共済年金に加入しています。 が、制度の公平性や安定性確保の観点から、 平成27年10月~共済年金加入者は厚生年金加入者となります(被用者年金一元化)。 公務員の方や私学教職員の方の保険料や給付内容は、サラリーマンの方のそれと同一になります。 「離婚による年金分割制度」を利用する場合、 平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保障給付費

社会保障給付費の推移です(厚労省「社会保障給付費の推移」)。 2000年は78.1兆円でした。 <内訳> 年金…41.2兆円 医療…26兆円 介護・福祉他…10.9兆円 14年前のことです。 2013年は110.6兆円でした。 <内訳> 年金…53.5兆円 医療…36兆円 介護・福祉他…21.1兆円 昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メンタルヘルス対策

『労働安全衛生調査』(厚労省発表)によると、 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は、 平成23年…43.6% 平成24年…47.2% 平成25年…60.7% と、年々増えているそうです。 取組内容としては、 「労働者への教育研修・情報提供」(46.0%) 「事業所内での相談体制の整備」(41.8%) 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限定正社員

正社員であっても、職種、労働時間、勤務地などが限定されている社員は「限定正社員」と呼ばれています。 「労働契約法」の改正で、有期雇用契約の労働者を5年を超えて雇用する場合、本人が望めば、期間の定めのない契約に移行しなければならなくなりました。 こういった状況への対応として、限定正社員の導入に前向きの企業が増えているそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育訓練給付金

雇用保険に「教育訓練給付制度」という制度があります。 自己啓発のために学習したり、資格を取得したりする際の費用の一部を給付金として支給する制度です(厚労大臣が指定する教育訓練に限る)。 教育訓練を終了した場合に、入学金や受講料にかかった費用の20%(上限10万円)が支給されます。 教育訓練というと堅苦しいですが、通信教育な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運命の女神は誰に微笑むか

三度「労働経済白書」です。 新規学卒者の採用選考に当たり、企業が重視している点は、「コミュニケーション能力」「主体性」「チャレンジ精神」「協調性」等だそうです。一方、「専門性」「学業成績」は比較的低いそうです。 「企業の多くが内部育成を重視する結果として、新規学卒者に対しては、現時点の専門性等の職業能力より、企業に入った後の成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more