改正年金機能強化法

11月16日に「改正年金機能強化法」が参院本会議で可決、成立しました。

老齢年金を受け取るには、25年以上の加入期間が必要です。今回の法改正により、10年以上の加入期間があれば、老齢年金を受け取ることができるようになります。
現在無年金の人のうち、64万人が新たに老齢年金を受給できるようになるそうです。

対象者には、年金の請求書が送られてきます。その書類をもとに手続きします。
施行は、来年8月です。9月分以降の年金を10月から受け取れる予定です。

"改正年金機能強化法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント