配偶者控除の見直し

「配偶者控除」の見直しが検討されているそうです。

「配偶者控除」は、配偶者の年収が103万円までは税金が優遇される制度です。
そのため、収入を103万円以内におさえるように働くことが、労働を抑制しているとか、専業主婦が優遇されているとか、という意見があります。

働く意欲のある女性や高齢者を、もっと働けるようにすることで、個人消費や経済成長を促したいそうです。

企業によっては、独自の「配偶者手当」を設けているところもあります。
こちらも、廃止・縮小する動きがあるそうです。その分を「子ども手当」に置き換える会社もあるそうです。

"配偶者控除の見直し" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント