裁判etc

7/8
最高裁は、職場の歓送迎会に参加後、残業のため会社に戻る途中に交通事故死した男性会社員のケースを、労災と認定しました。
男性は、社長に資料を提出する期限が歓送迎会の翌日に迫っていて、一度は参加を断ったものの、上司から強く誘われて参加したそうです。
裁判では、「歓送迎会は会社の業務と密接に関連しており、事故の際は会社の支配下にあった」と判断しました。
なお、飲酒はしていなかったそうです。

7/7
大阪高裁は、老齢基礎年金の一部を受給できなかったのは、旧社会保険事務所の誤った対応で時効が成立したためだとして、受給できなかった約530万円の支払いを国に命じました。
実際は老齢年金の受給資格を満たしていたのに、社会保険事務所の職員に「記録がない」と言われ、年金を受給できなかったそうです。
裁判長は「職員の対応の間違いが原因なのに、国が時効を主張するのは許されない」としました。

7/1
東京地裁は、園長を非難したことを理由に、認可外保育所を解雇された保育士2名の解雇を無効としました。
園長は、2人が園児に暴力を振るったとも主張しましたが、「証拠はない」と退けられました。
裁判官は、「解雇の理由は、運営方法に問題があると意見を述べた原告に対する、園長の嫌悪にあり、解雇は不当で合理的理由がない」と指摘しました。

"裁判etc" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント