社労士にまつわる物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 老齢年金の支給年齢

<<   作成日時 : 2018/06/07 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

老齢年金の支給開始年齢は、昭和61年4月施行の法律により、60歳から65歳に変更されました。
突然、支給が5年も遅くなると、生活設計がくるってしまいます。そこで、段階的に支給開始年齢を引き上げる処置がとられました。

生年月日によって、60歳から支給、61歳から支給、62歳から支給、…と、段階的に引き上げが行われています。

60歳定年制を採用している会社では、退職と老齢年金の支給との間に1〜5年の差が生じることになります。
そこで、
@定年の引き上げ
A継続雇用制度の導入
B定年の定めの廃止
の三つのうちのどれかの措置をとることが、企業に義務付けされました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老齢年金の支給年齢 社労士にまつわる物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる