求職

2015年度のデータではありますが、
「ハローワークでの求人票と実際の労働条件が違う」という相談は、10.937件だそうです。
内容は、
賃金関係…24%
就業時間…19%
職種・仕事の内容…13%
だそうです。

「ブラック企業対策プロジェクト」が、ブラック企業の診断書として、いくつかチェック項目をあげています。
・3年以内の離職率が高い
・従業員数に対して、採用人数が多い
・平均勤続年数が短い
・残業代が固定されている
・給与が明らかに高い
などです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック