外国人介護要員増員へ

11月18日、参院本会議で「改正出入国管理及び難民認定法」「外国人技能実習適正化法」が可決、成立しました。

「改正出入国管理及び難民認定法」
これまで、経済連携協定を締結している3ヶ国(ベトナム、フィリピン、インドネシア)出身者のみに、介護福祉士の資格取得が認められていましたが、今回の改正により、全ての国の人が取得可能になります。

「外国人技能実習適正化法」
外国人技能実習制度(外国人が日本で働きながら技能を身に付ける)は、農業、製造業、建設業が対象ですが、今後は介護分野もOKとなります。
また、「最長3年」の期間が「最長5年」に延長されます。

どちらも介護要員の不足に対応するための法改正です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック