10月から

10月から、下記すべての条件を満たしている短時間労働者の方も、厚生年金・健康保険に加入することになります。

・週の所定労働時間が20時間以上
・月収が8.8万円以上(年収106万円以上)
・勤務期間が1年以上
・従業員501 人以上の規模である企業に使用されている
※学生は除かれます。

現状は、通常の労働者と比べて、労働時間と労働日数が4分の3未満であれば、国民年金・国民健康保険に加入することになります。

ただし、厚生年金・健康保険に加入している配偶者がいる場合は、本人の年収が130万円未満であれば、国民年金に加入し、健康保険の被扶養者となります。どちらも保険料の負担はありません。
この方々は、上記条件を満たしていれば、年収106万円以上で厚生年金・健康保険に加入することとなり、保険料の負担が生じます。条件を満たしていれば、強制加入です。

厚労省HPによると、加入のメリットは、
(1)将来もらえる年金が増えます
(2)障害がある状態になり、日常生活を送ることが困難になった場合なども、より多くの年金がもらえます
(3)医療保険(健康保険)の給付も充実します
(4)会社もあなたのために保険料を支払います。また、現在ご自身で国民年金保険料・国民健康保険料を支払っている方は、今より保険料が安くなることがあります


社会保険の加入対象範囲については、平成31年9月までに、さらに検討を進めることが決まっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック