国民年金保険料の免除と猶予

国民年金は、条件を満たせば強制加入となります。
原則40年加入することになります。
長期間ですので、例えば、収入の減少や失業などで保険料を納めることが困難な場合は、保険料の免除制度や納付猶予制度があります。

保険料免除制度
・法定免除…障害年金を受給している人や生活保護を受けている人などは保険料が免除されます。
・申請免除…本人及び世帯主や配偶者の所得に応じて、保険料の全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除があります。

納付猶予制度
・学生納付特例…学生で、本人の収入が一定額以下の場合、申請すれば保険料の納付が免除されます。
・若年者納付猶予…30才未満の人で、本人及び配偶者の所得が一定額以下の場合、申請すれば保険料の納付が免除されます。
※若年者納付猶予制度ですが、平成28年7月以降は、30歳未満⇒50才未満となります。

保険料免除の期間は、老齢年金の額に反映されます(税金が投入されているため)が、納付猶予期間は、老齢年金の額には反映されません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック