年金の運用

年金事業に係る費用は、「保険料」「国庫負担」「積立金の運用収入」などによって賄われています。

少子高齢化により、保険料収入が見込めなくなってきた中で、積立金の運用は重要です。
その積立金の運用は、「年金積立金管理運用独立行政法人」によって行われています。

昨年10月、政府は運用内容の見直しを行いました。
・手堅い「国内債券」の比率は60%⇒35%へ
・「国内株式」と「外国株式」を、それぞれ12%⇒25%へ
・「外国債券」は11%⇒15%へ

株式の比率を引き上げたことで、昨年度の運用実績は15兆2.922億円の黒字でした。
が、株価が下がったら…
民間の試算では、今年7月~9月期は10兆円近くのマイナスだそうです。

株価の動向は、株をやっていない人達にも影響を与えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック