強制徴収

10月から、悪質な年金滞納者に対する強制徴収が強化されます。

強制徴収の対象は、
・国民年金では、
「滞納者の所得が1000万円以上で、滞納期間が2年以上」でしたが、「滞納期間13ヶ月以上」となります。
・厚生年金では、
「事業者の滞納が2年以上続き、滞納額が1億円以上」でしたが、「滞納額5000万円以上」となります。

年金保険料の納付率UPにより、
・年金財政の安定化
・制度の公平化
を図りたいそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック