女性活躍推進法

「女性活躍推進法」が成立しました。

301人以上の労働者を雇用する事業主は、H28年4月1日までに、
・自社の女性の活躍状況の把握、課題分析
・行動計画の策定、届出
・情報公表
などを行わなければなりません。

<自社の女性の活躍状況の把握、課題分析>
・採用者に占める女性比率
・勤続年数の男女差
・労働時間の状況
・管理職に占める女性比率
などについて、現状の把握、課題分析を行う。

<行動計画の策定、届出>
・行動計画の策定(計画期間、数値目標、取組内容、取組の実施時期)
・都道府県労働局への届出
・労働者への周知
・外部への公表
を行う。

<情報公表>
自社の女性の活躍に関する情報を公表する。

といった内容です。
詳細は、10月頃から、随時、公表されるようです。
なお、労働者が300人以下の事業主は、努力義務だそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック