平成26 年労使コミュニケーション調査

「平成26 年労使コミュニケーション調査」(厚労省公表)からです。

労使関係が「安定的」と認識している事業所は86.9%
対して、
労使コミュニケーションが「良好」と認識している労働者は53.5%

重視するコミュニケーション事項(複数回答可)では、
・事業所は、「日常業務改善」75.3%が最も多く、次いで「作業環境改善」68.5%、「職場の人間関係」65.1%などとなっています。
・労働者は、「職場の人間関係」60.8%が最も多く、次いで「日常業務改善」51.7%、「賃金、労働時間等労働条件」50.6%などとなっています。

2014年度、精神障害による労災の請求は1.456人(前年+47人)で、原因別にみると
「嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた」
「1ヶ月に80時間以上の残業を行った」
などが多いそうです。

知り合いの学生さんが、社会心理学にはまっているそうで…

やはり「人間関係」なんでしょうか…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック