リスクヘッジ

確定拠出年金は、
個人又は事業主が拠出した資金を、個人が自己の責任において運用の指示を行い、高齢期にその結果に基づいた給付を受けるというものです。

運用方法によっては、元本が保証されるとは限らないため、いくつかの異なる運用方法を組み合わせることで、リスクを分散したりします(リスクヘッジ)。

マイナンバー制度は、税と社会保障、災害の分野からスタートし、医療、預金口座などへの適用も検討されています。こちらは分散とは逆の動きです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック