5月18日~

5/18から、ブラック企業対策として、社名を早期公表する仕組みがスタートします。

社会的影響力の大きさから、大企業が対象で、
・時間外労働が月100時間を超える労働者が多数いる
・1年程度の間に、3ヶ所以上の支店や営業所で長時間労働を繰り返している
などが要件です。

こういった企業の名前を、行政指導の段階で公表するそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック