「知る」こと

学生がアルバイトで受けた不当な扱いとしては
・希望していないシフトに入れられた
・労働条件を書面で渡されなかった
・募集で提示されていた労働条件と違った
・準備、片づけの時間の賃金不払い
などがあるそうです(ブラック企業対策プロジェクト調べ)。

また、アルバイトを辞めようとする学生に、損害賠償を請求する事例もあるそうです。

労働基準法などの労働に関する法律は、労働者を守るためにあります。なので、まずは、そういった法律を知ることが第一歩でしょうか。

「~ある山について知るということは、三つの意味があると考えていいだろう。第一は、地図・写真・絵、あるいは文章や数字による説明をみて、その山を知ること、第二は、~他人の経験=実感をつうじて、その山を知ること、第三は、自分でのぼることである。」(『社会科学の考え方 人間・知識・社会』水田洋著 講談社現代新書)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック