労災保険のペナルティ

労災保険は、労働者を1人でも雇えば、強制的に加入することになります(個人経営の農林水産業を除く)。

なので、事業主が届出を出していなかったり、保険料を払っていなかったとしても、従業員は仕事が原因でケガをすれば労災保険の給付を受けることができます。

ただし、事業主にペナルティーがあります。
例えば、事業主が、故意に手続きをしない場合は、給付額の全額が事業主負担となります。
重大な過失により手続きしない場合は、給付額の40%が事業主負担となります。
※重大な過失…行政機関から加入手続きの指導等は受けていないが、1年を経過してもなお届出をしていない場合など。

ご注意ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック