労働法制の見直し

労働法制の見直しが検討されています。
・高度プロフェッショナル制度(いわゆる「残業代ゼロ制度」)の導入
・有給 年5日取得の義務付け
・月60時間超えの割増残業代を中小企業にも導入
・フレックスタイム制の見直し
・裁量労働制の対象者拡大
などです。

労働者派遣法の改正(現状、派遣の受け入れ期間は同じ業務では最長で3年ですが、3年を超えても、派遣労働者を別の人に代えれば受入可能など)も国会に提出予定だそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック