ブラックバイト

ブラックバイトとは、学生が学生らしい生活を送れなくしてしまうアルバイトのことで、ブラック企業のアルバイト版だそうです。

学生アルバイトが受けた不当な扱いの例としては、
・準備や片づけの時間は賃金が払われない
・1日6時間を超えて働いても休憩がもらえない
・正社員からの暴言や暴力
・辞めたくても、辞めさせてもらえない
・会社都合によるシフトの変更
などだそうです。

法律では、1日6時間を超えて労働させる場合には45分以上、8時間を超えて労働させる場合には60分以上の休憩時間を与えなければなりません。
「超えて」なので、8時間ぴったりであれば45分でOKです。
また、20時間労働させても60分でOKです。
あくまでも法律上の話ですが…
事業者は職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならない、という法律もありますので…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック