年金制度改革案

厚労省から、年金制度の改革案が示されました。

○「マクロ経済スライド制」の見直し
・賃金・物価が下落時も実施
・年金額が前年度の額を下回る場合でも完全実施

○パートの厚生年金加入拡大
・週の所定労働時間が20時間以上
・月収8.8万円以上(年収106万円以上)
・勤務期間1年以上
・従業員501 人以上の規模である企業に使用されている
の人が、2016年10月から、厚生年金に加入することになりますが、さらに、従業員500人以下の企業でも、任意で加入を認める

○国民年金の女性加入者支援
産前産後期間の保険料免除

○国民年金保険料の納付期間を60才→65才に延長

○高所得者の基礎年金の減額

といった内容だそうです。

確かに少子高齢化対策のようです…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック