年金保険料の後納制度

国民年金の保険料を滞納した場合、2年以内であれば納付することができます。2年を超えた分については、納付することができません。

が、H24年10月1日からH27年9月30日までは、特例措置として、10年までさかのぼって納付することができます(後納制度)。
H27年10月1日からは、10年→5年に短縮となります。5年まではさかのぼって納付できます。これもH30年9月30日までの特例措置です。

なお、2年を超えている分の保険料の納付ついては一定の金額が加算されます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック