法改正

2014年も、労働に関する法律や制度、社会保険に関する法律や制度が改定されました。
・労働安全衛生法の改正
・遺族基礎年金の受給範囲の拡大
・産休中の社会保険料の免除
・育児休業給付金のup
・老齢年金の減額
・過労死防止法の制定
などなど

2015年以降も、様々な検討事項があります。
・さらなる年金額の引き下げ
・年金保険料の拠出期間や受給開始時期の見直し
・労働者派遣法の見直し
・社会保険のさらなる適用拡大
・確定拠出年金の加入範囲の見直し
などなど

第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
② 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。(「日本国憲法」より)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック