高額療養費制度②

高額療養費の自己負担限度額について、70才未満の所得区分が3→5区分に変わります。

・区分①…252.600円+(総医療費-842.000円)×1%
・区分②…167.400円+(総医療費-558.000円)×1%
・区分③…80.100円+(総医療費-267.000円)×1%
・区分④…57.600円
・区分⑤…35.400円
が自己負担の限度額になります。

例えば、
月収24万円の方は「区分④」になります。
この方の1ヶ月の医療費が100万円だったとします。
実際に患者さんが支払う額は30万円です(自己負担割合が3割の場合)。

現状では、87.430円が自己負担の上限額となり、212.570円が高額療養費として支給されます。
平成27年1月以降は、57.600円が自己負担の上限額となり、242.400円が高額療養費として支給されることになります。

月収55万円の方は「区分②」になります。
やはり、1ヶ月の医療費が100万円(実際に支払う額は30万円)だったとすると、

現状では、155.000円が自己負担の上限額となり、145.000円が高額療養費として支給されます。
平成27年1月以降は、
<167.400+(1.000.000円-558.000)×1%=171.820円>が自己負担額の上限となり、
<300.000円-171.820円=128.180円>が高額療養費として支給されることになります。

事前に、保険者(健康保険協会、健康保険組合など)から『限度額適用認定書』の交付を受け、医療機関の窓口に提示すると、1ヶ月の支払額が自己負担限度額までになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 90

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック