高額療養費制度

平成27年1月から「高額療養費制度」が変わります。変わるのは70才未満の方です。

そもそも「高額療養費制度」とは
1ヶ月間に、医療機関や薬局の窓口で支払った額が一定額を超えた場合、その超えた金額が支給される制度です。

現状は、
収入に応じた所得区分というのが3区分ありまして(70才未満の方の場合)、
・区分A(高所得者)…150.000円+(総医療費-500.000円)×1%
・区分B(一般)…80.100円+(総医療費-267.000円)×1%
・区分C(低所得者)…35.400円
が、自己負担の限度額となります。

例えば、
1ヶ月の医療費が100万円だったとします。
実際に患者さんが支払う額は30万円です(自己負担割合が3割の場合)。
残りの70万は保険者(健康けんぽ、健康保険組合など)が負担します。

で、区分Cであれば、
<300.000円-35.400円=264.600円>が高額療養費として支給されます。
区分AとBは、計算式にあてはめますので分かりにくいですが、
区分Bであれば、
<80.100+(1.000.000円-267.000)×1%=87.430円>が自己負担額の上限となり、
<300.000円-87.430円=212.570円>が高額療養費として支給されます。
区分Aであれば、
<150.000+(1.000.000円-500.000)×1%=155.000円>が自己負担額の上限となり、
<300.000円-155.000円=145.000円>が高額療養費として支給されます。

説明が長くなりましたが、この区分が3→5区分になります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック