厚生年金の適用拡大

まだ先のことですが、
2016年10月~ 下記すべての条件を満たしている短時間労働者の方も、厚生年金に加入することになります。

・週の所定労働時間が20時間以上
・月収が8.8万円以上(年収106万円以上)
・勤務期間が1年以上
・従業員501 人以上の規模である企業に使用されている
ただし学生は除かれます。

労働者側からすれば、老齢・障害・遺族基礎年金(国民年金)に厚生年金が上乗せされることになるので良いことです。
が、経営者側からすれば、社会保険料の負担増となります。

少子高齢化・人口減少社会ですから、制度維持のためには
・保険料を上げる
・給付額を下げる
・そして、今まで徴収していないところから徴収する
などでしょうか。

現状は、会社員の方が厚生年金保険料を支払うことで、その配偶者は、年収が130万円以下であれば、国民年金保険料を払わなくても基礎年金が受給できる仕組みですが、その条件の見直しも審議されているようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック