過労死等防止対策推進法

H26.11.1に「過労死等防止対策推進法」が施行されます。

過労死については
・業務における過重な負荷による脳血管疾患若しくは心臓疾患を原因とする死亡
・業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡
・これらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害
と定義しています。

内容は、
●政府は、過労死等の防止のための対策に関する大綱を定めなければならない
●①調査研究等②啓発③相談体制の整備等④民間団体の活動に対する支援を規定
●過労死等防止対策推進協議会を設置
●政府は、過労死等に関する調査研究等の結果を踏まえ、必要があると認めるときは、過労死等の防止のために必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講ずるものとする
等です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック