遺族厚生年金の失権

遺族厚生年金を妻が受給する場合、その夫によって生計を維持していたことが条件です。
条件はそれだけです。

少し前のことですが、
平成19年の法改正で、30才未満の妻に支給される遺族厚生年金は、5年の有期年金とされました。
・子供がいない妻の場合…5年が経過すると、遺族厚生年金を受給する権利を失います。
・30才に到達する前に遺族基礎年金(国民年金)を受給する権利を失った妻(例えば、子供が亡くなったなど)…遺族基礎年金を受給する権利を失った日に遺族厚生年金を受給する権利も失います。

以外と知られてないかもしれません。
ちょっと厳しい気もしますが…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック