パワハラ対策

再び「労働安全衛生調査」(厚労省発表)です。

職場のパワーハラスメント防止対策に取り組んでいる事業所の割合は56%、取り組んでいない事業所は35%だそうです。

取組内容としては、
・社内のパワーハラスメント相談、解決の窓口の設置(55.0%)
・労働者への教育研修・情報提供(45.6%)
・管理監督者への教育研修・情報提供(44.8%)
などとなっています。

「この人は~、その心は明朗でなく暗い。心が暗いと、肝胆相照らすという形で相手と通ずることができず、~人を疑うことになる。」(『帝王学』 山本七平著 文春文庫)
<人は暗い所には集まらない。人は明るい所に集まる。>といったところでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック