社会保障改革

増え続ける社会保障費にあてるため、消費税が8%に引き上げられました。

一方で、社会保障に対する様々な改革案が検討されています。
・年金の加入期間を、40年(20才~60才)から45年(20才~65才)へ変更
・物価が上昇した場合のみ、年金の給付水準を抑制 ⇒ 物価が下がった場合も抑制
・後期高齢者医療制度における、低所得者に対する特例の廃止
など

改革というより改悪でしょうか…


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック