メンタルヘルス対策

『労働安全衛生調査』(厚労省発表)によると、
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は、
平成23年…43.6%
平成24年…47.2%
平成25年…60.7%
と、年々増えているそうです。

取組内容としては、
「労働者への教育研修・情報提供」(46.0%)
「事業所内での相談体制の整備」(41.8%)
「管理監督者への教育研修・情報提供」(37.9%)
などだそうです。
ストレスチェックを実施した事業所も26%あるそうです。

過去1年間に、メンタルヘルス不調により連続1ヶ月以上休業又は退職した労働者がいる事業所の割合は10.0%で、産業別にみると、「情報通信業」が28.5%と最も多いそうです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック