労働災害

厚労省の発表によると、平成26年1月~6月の労働災害による死亡者数は437人で、前年比19.4%の増加だそうです。
業種別では、「建設業」「第三次産業(小売業、社会福祉施設、飲食店)」「製造業」「陸上貨物運送業」の順で多発しているそうです。

死傷者数(休業4日以上)も、前年比3.6%の増加だそうです。
多発している業種は、「第三次産業」「製造業」「建設業」「陸上貨物運送業」だそうです。

というわけで、8/5、250を超える業界団体に緊急要請を行ったそうです(「労働災害のない職場づくりに向けた緊急要請」)。
<内容>
(1)経営トップの参加の下に職場の安全パトロールを実施するなど、職場内における安全衛生活動の総点検を実施すること
(2)安全管理者等の選任義務がない事業場においても安全の担当者(安全推進者)を配置するなど、事業場の安全管理体制を充実すること
(3)雇入れ時教育を徹底するなど、効果的な安全衛生教育を実施すること


10月1日~7日までは「全国労働衛生週間」です。
「みんなで進める職場の改善 心とからだの健康管理」がスローガンです。


とにもかくにも、健康が第一です。労働災害に限らず、プライベートでも、ケガや病気には気を付けたいものです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック