付加年金

厚生年金に加入している方は、条件を満たせば、原則65才から
・老齢基礎年金
・老齢厚生年金
が支給されます。

国民年金に加入している方で厚生年金に加入したことがない方には
・老齢基礎年金
だけしか支給されません。
※H26年4月からの老齢基礎年金は(40年間保険料を払った場合)、772.800円(年額)です。月額では64.400円です。

少しでも老齢基礎年金を増やしたいという方用に「付加年金」というのがあります。
付加年金は、
・今現在、国民年金だけに加入していて、保険料を払っている方が対象です(過去に厚生年金などに加入していてもOK)
・厚生年金に加入している方の配偶者で、被扶養者になっている方は対象外です

国民年金の保険料に、「付加保険料月額400円)」をプラスして支払います。

支給される付加年金の年額は、<200円×付加保険料を払った月数>です。

例えば、付加保険料を10年間払い続けた場合
付加保険料…400円×120ヶ月=48.000円
付加年金の額…200円×120ヶ月=24.000円
となります。老齢基礎年金に、年額24.000円(月額2.000円)がプラスされます。
2年で元が取れることになります。

付加年金は、老齢基礎年金が支払われる間、ずっと支給されます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック