在職老齢年金

老齢厚生年金には2種類あります。
①60才~65才になるまで支給される年金(65才未満に支給される年金)
②65才から支給される年金
です。

もともと60才から支給されていた老齢年金が、65才支給に変更されました。
これにともなって、経過措置として、60才~65才未満の老齢厚生年金があります。

65才未満の老齢厚生年金は、生年月日によって、支給の開始年齢が決められています。
男性は昭和36年4月2日、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた方には、65才未満の老齢厚生年金は支給されません。

昭和36年4月2日以降生まれの身としては、ちょっと納得いきませんが、少子高齢化では仕方がないのでしょうか…

ところで、在職老齢年金制度というものがあります。
働きながら、老齢厚生年金を受けている人については、給与と年金額の合計が一定額を超えると、年金が減額される制度です。

計算式は共通で、
給与(本当は標準報酬月額ですが、簡単にします)」+「その月以前1年間の賞与(本当は標準報賞与額ですが、簡単にします)の合計÷12」+「年金の月額

①65才未満の老齢厚生年金の場合
この金額が28万円を超えると、年金が減額されます。
②65才からの老齢厚生年金の場合
この金額が46万円を超えると、年金が減額されます。

同じように保険料を払ってきたのに、年金が減額されてしまう人がいます。
60才以降もがんばって働き続けているのに、そのせいで年金が減額されてしまう人がいます。

やはり、少子高齢化では仕方がないのでしょうか…

28万や46万という基準も今後どうなることやら…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック