精神疾患による労災申請

2013年度の集計結果です。

仕事でうつ病などの精神疾患にかかり、労災の申請をした人は、過去最多で1.409人(前年比+152人)、うち、労災と認定されたのは436人だそうです。

原因で多いのは、「いじめ・嫌がらせ」「セクハラ」「上司とのトラブル」です。
申請の多い業種は、「介護」「医療」「運送業」です。


介護にも医療にも運転にもミスは許されません。常に緊張を伴う仕事です。
また、「介護」「医療」「運送業」には深夜勤務がともないます。「運送業」は残業が多い業種のひとつでもあります(厚生労働省「毎月勤労統計調査」より)。
ストレスの多さや、労働条件が関係しているのかもしれません。


「たとえば、学校の教師が非常にきびしくて、生徒に絶対服従を強いるようなとき、教師に向かって直接の行動に出られない生徒たちは、クラスの仲間の弱虫を『いけにえの羊』として、間接に攻撃の対象とするようになる。~(中略)~攻撃は、欲求の満たされない欲求不満(フラストレーション)の状態からおこることが多い。」(南 博「社会心理学入門」 岩波新書)、だそうです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック