年金は75歳から?

厚労大臣の発言が話題になりました。


実際のところは、

現状、65歳からもらえる老齢年金は、本人の選択で、60歳~70歳の間にもらうことが出来ます。
今回の発言は、70歳の上限を75歳まで延長することを検討するといった内容です。
特に希望しなければ、65歳からもらえることには変わりありません。
(65歳→68歳への準備では?という声もありますが…)


では、老齢年金を65歳より前にもらったり、後にもらったりするとどうなるかですが、

<65歳より前にもらう(繰上げ支給といいます)>
・老齢年金は60歳以上65歳未満のあいだに請求することができます。
・ただし、もらえる金額は1ヶ月あたり0.5%減らされます。生涯、減らされた金額のままです。

<65歳より後にもらう(繰下げ支給といいます)>
・老齢年金は、66歳になる前に請求していなければ、繰下げてもらうかor65歳時点にさかのぼってもらうか(もらってなかった分が一括で支給されます)、どちらか選択できます。65歳~66歳までの間に申出た場合は、繰下げにはなりません。
・繰下げを選んだ場合、もらえる金額は1ヶ月あたり0.7%増額されます。生涯、増額された金額です。
・上限は70歳までです。


ちなみに、2012年に新規に老齢年金をもらった人のうち、
65歳からもらった人は約80%
繰上げ支給が約18%
繰下げ支給が約1%
だそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック